歩く一匹のアリ
ホーム 私たちの活動 ブログ FACEBOOK 命いっぱいせせらぎ農園 通信 相互リンク 問い合わせ
命いっぱいせせらぎ農園
コミュニティーガーデンとは アクセス
 
生ごみリサイクルで土づくり
農園のある第八小学校区域約200世帯の一般家庭生ごみを、軽ダンプ車で週に1回(火曜・木曜コース)戸別回収しています。木曜日の回収は、東京都七生福祉園のみなさんがサポートに入ってくれています。各家庭では生ごみを抗酸化溶液配合バケツ(10リットル)または普通の20リットルバケツにて、1週間保管していただいています。腐敗防止と水分調整のために、発酵促進剤を必要量配布しています。
回収した生ごみは、1平方メートルあたり約15kgの割合で畑に広げ、土とよく混ぜ合わせて「土ごと発酵」させます。浅く(深くても15cm)耕し、酸素をたっぷりと微生物に与えることで生ごみの分解を早めます。
よく混ぜ合わせたらその上に水分調整と直射日光を避けるために雑草や枯れ葉を載せ、カラスや猫よけにシートをかけておきます。できれば週に1回耕して酸素を供給します。そうすると、約1〜2ヶ月で生ごみは分解して臭いも形もなくなります。
カキガラ石灰で土を中和させたら土づくり完了。野菜の種をまきます。
生ごみの他にも、お豆腐屋さんのオカラ、チーズ工場の廃チーズ、団地や公園の落ち葉など、都会ではゴミとして焼却されるバイオマスを受け入れて土づくりをしています。